01
作中でロックマンとライト博士の凄さを最も実感しているであろう人物。本編のコミカルなノリと、外伝での硬派なノリを両方こなせる使い勝手の良いキャラだ。


Dr.ワイリー(Dr. Wily)は、カプコンの人気ゲームシリーズ「ロックマン」(英語名:Mega Man)の主要な悪役キャラクターです。以下に、彼の概要を示します。
### 人物概要
- **フルネーム**: Dr.アルバート・W・ワイリー(Dr. Albert W. Wily)
- **職業**: 科学者、ロボット工学者
- **役割**: シリーズを通じての主要な敵役、ロックマンの宿敵
### キャラクターの背景
- **友人関係**: Dr.トーマス・ライト(Dr. Thomas Light、英語版ではDr. Thomas Light)と元同僚であり、友人関係にあったが、後に敵対することになる。
- **目的**: 世界征服。Dr.ライトが作ったロボット技術を悪用し、自身の野望を実現しようとする。
- **行動**: 様々なロボットを作り出し、ロックマンに戦いを挑む。各ゲームのボスキャラクターである「ロボットマスター」は彼が作ったものであることが多い。

### 特徴
- **外見**: 白髪、はげ頭、大きな口ひげが特徴的。典型的な「マッドサイエンティスト」風の外見。
- **性格**: 知能は高いが、狡猾で自己中心的な性格。しばしば子供っぽい振る舞いや、計画が失敗した際にはコミカルなリアクションを見せることもある。
### ゲーム内での役割
Dr.ワイリーは「ロックマン」シリーズ全般にわたってプレイヤーキャラクターであるロックマンと敵対し、様々なエピソードやボス戦を通じて繰り返し登場します。彼の計画はいつもロックマンによって阻止されますが、それでも懲りずに何度も世界征服を企てます。
### その他
Dr.ワイリーのキャラクターは、コミックやアニメなどの他のメディアでも登場し、ゲーム内での役割と同様にロックマンと敵対する役割を担っています。
「ロックマン」シリーズを語る上で、Dr.ワイリーは欠かせない存在であり、彼の悪巧みとそれを打ち砕くロックマンとの対決がシリーズの魅力の一つです。